• fujita-seikotsuin

学生スポーツ

更新日:8月11日

大阪市天王寺区の桃谷駅すぐで内臓の調整や神経的なアプローチによって身体の不調を改善致します


ふじた整骨院・整体院の藤田です。


いつもブログをご覧下さり誠に有難うございます


先日、スポーツをしている高校生を診させて頂きました


練習試合で脇腹を痛めてしまった為、病院でレントゲンとエコー検査をしてもらったそうで

診断名は「筋肉の微細損傷」(本人談)

分かりやすく言うとちょっとした肉離れです。


体をねじると痛みが強くなるので、早くに復帰するため当院を受診されました


結果的には、損傷分の痛みを残し5〜6割程度の力での競技動作が出来るまで持っていったんですが


ここで、痛みを残すのも大事なポイントです


一般の方が聞くと「いやいや、痛みは良くないから消せるなら痛み消してよ!」と思われると思いますが、われわれ施術家の意見としては全員ではないですが3割程度の痛みは残す人が多い気がします。


理由の一つは「事故らない」ために

次の来院時に「先生、、、また痛めてしまいました😭

とならないんですw


高校生にとってクラブ活動の時間って、実はそんなに多くないんです。


高校三年間と言いますが、「実際は2年と半年」子供によってはもっと短い子もいます。

その中で怪我をしてしますと、元々短い練習時間からもっと練習時間が短くなってしまうんですね。


ですので、トレーナーさんの仕事は「選手に怪我をさせない」これに尽きます

専属トレーナーさんのいるチームで怪我人が出るとトレーナーさんの責任です。


限界を超えて競技や練習をするので、怪我は付きものと考えていませんか?


そんなことはありません


怪我をする選手と、しない選手がいますでしょ?

そうならない為に専門家がいるのです。


一方、われわれ施術家は最短でチームに選手を戻すことを考えます。

その際に、2度と怪我をしないようにアドバイスもしながら。


選手に対しての介入の仕方は施術家によってまちまちですが、早く復帰させたいのはみんな一緒です。


常に最善を尽くして、悔いの無い三年間を過ごして欲しいです。


そのために、私も勉強を続けたいと思います!


最後までお読み頂き誠に有り難うございます

ご予約はインターネット・お電話にてお伺い致しております


当院の主だった来院症状


【整体療術】

腰痛・ヘルニア、分離症、滑り症、脊柱管狭窄症、シビレ

頚椎症・寝違い、頭痛、吐き気、ムカつき

肩関節・いわゆる四十肩・五十肩、肩凝り

股関節・変形性股関節症、先天性股関節脱臼による動作時痛、歩行時痛

膝関節・変形性膝関節症、歩行時痛、階段の登り下り、しゃがみ込み時における動作時痛

足関節・捻挫、スポーツ動作時痛

肘関節・投球時痛、スポーツ動作時痛

手関節・TFC損傷、手根不安定症

指関節・CM関節症、突き指


【内臓整体・あたまの整骨】

キツイ頭痛、吐き気、生理痛、不眠、耳鳴り

腹痛、自律神経系、鼻詰まり


【美骨整体】

ヒップアップ、バストアップ、ボディライン矯正


【エネルギー治療】

原因不明の頭痛や身体の痛み

お部屋や店鋪などの空間調整

レメディー療法

遠隔治療

除霊

結界


【メンタルセッション】

イップス

願望実現

精神統合

人生相談

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示